ボトックス注射 多汗症治療

ボトックス注射による多汗症治療方法とその仕組み

ボトックス注射はしわ取りを始めとするアンチエイジングで用いられる方法ですが、多汗症治療にも応用されています。
ボトックス注射に用いられる成分は、ボツリヌス菌から注した成分で、筋肉の働きを止める効果があり、その結果として表情じわやエラの解消に効果があります。

このようなボツリヌス菌のもつ働きを応用し、汗の働きを促進するエクリン汗腺の働きを止めるという仕組みです。
この多汗症治療では、エクリン腺の働きを弱めてしまうことによって汗の分泌を抑制し、同様に体臭のニオイのもととなる働きを防ぐ効果があります。
この手法では、多汗症治療には一般的なメスをいれる必要がなく、施術はたった10分程度で終わります。

一回の施術で半年から一年ほど効果が持続します。
そのため、個人の多汗症の症状に合わせて注射を受けることができます。
多汗症は症状に個人差があります。
夏場だけ多汗症の症状が悪化するという方は、その時期にあわせて注射を打てばよいのです。

ページトップへ