ボトックス注射による小顔効果の原理

ボトックスによる小顔効果の原理は、筋肉の動きを抑制する働きによってもたらされます。

筋肉の動きを抑制することによって筋肉を委縮させてしまうのが基本的な原理となります。
ダイエットにも効果が証明されているものですから、小顔を実現することにも活用されているのです。
ボトックスによる小顔では、効果の持続性が気になる部分ですが、半年から1年程度で効果が無くなってしまいます。
しかし手術を行う小顔治療とは違いますので、効果が薄れてくれば再度治療を行うことができるメリットがあります。
美容整形によって実現する小顔では、再度手術を行うことが困難となりますが、ボトックスでもたらされる小顔効果は何度でもできる点にメリットがあるのです。
筋肉の動きを抑制し萎縮させる治療方法になりますので、治療後すぐに効果を実感できるものではありませんので、一定の期間は様子を見ることが大切です。

ページトップへ