ボトックス注射による副作用

ボトックス注射による副作用は筋力低下が有名

ボトックス注射とは、毒素を注射する療法です。
毒素というと副作用が気になりますが、体に悪影響が出ない程度の量の注射なので、基本的には安心です。
ボトックス注射は主に美容目的で使われます。
例えば、筋肉の発達によるエラの張りには、注射療法で筋肉の緊張を和らげ小顔効果が期待できます。
ボトックス注射の最大の利点は、手術とは違いメスを入れずに小顔になれることです。
しかし、副作用がないというわけではありません。筋力低下による副作用があります。
頬に注射した場合頬の筋力が低下し、引きつった笑顔になったり、目の回りに注射した場合、周辺の筋力が低下しまぶたが垂れ下がり、視野が狭くなることがあります。
また、ふくらはぎに注射をした場合、足の筋力が低下し、疲れやすい、少し歩いただけで動きづらいとなることもあります。それに全体的にだるくなることもあります。
だた、一般的に2週間ほどでこういった症状は治まります。それ以上続く場合は、医療機関を受診して医師の指示を仰ぎましょう。

ページトップへ