美容外科で行われるボトックス治療効果

美容外科ではボトックスを利用した治療を行っています。

美容外科ではボトックスを利用した治療を行っています。
ボトックスはボツリヌス毒素から抽出したたんぱく質の一種です。
美容外科ではしわの改善などでボトックスが利用されていますが、しわは神経細胞から出るアセチルコリンを抑制し、筋肉の動きを和らぎしわを目立たなくしてくれる効果を持ちます。

また、美容外科ではしわ以外にも多汗症やわきがの緩和にも利用されています。
脇の下などに注射器を使う事で多汗症やわきがが緩和されます。
多汗症の場合は精神発汗による影響があり、緊張をすることで大量の汗が出ると言う特徴が有ります。
そのため、ボトックスを注入する事で神経細胞から出るアセチルコリンを抑制し、汗の量をコントロールする事が可能になるのです。

尚、ボトックスによる施術は完全な治療ではなく一時的な緩和になります。
しかし、再び注入を行う事で持続効果を得ることが可能になるのが特徴です。

因みに、重度のわきがの場合は完全にわきが臭を取る事は出来ませんが、アポクリン汗腺組織から出る汗の量を減らすことは可能になります。

ページトップへ